取締役および監査役の選任理由について

当社のコーポレートガバナンス体制にもとづき、役員および監査役を選任しています。

2022年6月29日現在

役職 代表取締役社長
名前 門田 道也
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 門田道也氏は、財務経理等の内務部門を中心とした経歴を持ち、2014年6月から管理部門を統括するとともに、欧州の水処理薬品事業の買収において責任者として買収事業の統合を完了させました。2014年6月に取締役、2016年4月からは代表取締役社長に就任し、CSRへの重点化、コーポレートガバナンス改革を推し進めるとともに、DXの加速によるビジネスプロセスの変革・ビジネスモデルの変容に取り組んでおり、グループ全体の改革に向け、既成概念に捉われず強いリーダーシップを発揮しています。
役職 代表取締役専務取締役 国内営業本部長 兼 ケミカル事業管掌
名前 江尻 裕彦
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 江尻裕彦氏は、水処理薬品事業の営業部門、国外グループ会社代表者等の要職を歴任した後、2016年4月から経営企画室長として当社グループの事業領域の拡大や収益構造の変革を推進しました。2018年4月からはグループ生産本部長として、生産プロセスにおけるDXの活用等による生産効率の改善や製品品質の向上、生産体制の変革を推進しました。2022年4月からは国内営業本部長として、当社の国内市場全体の営業を統括しています。2016年6月に取締役、2019年4月に常務取締役、2021年6月に代表取締役専務に就任しました。多様な視点と経験を活かし、グループの事業拡大と企業体質改善に向けた当社取締役会の機能強化が期待できる人材と判断いたしました。
役職 常務取締役 イノベーション本部長
名前 山田 義夫
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 山田義夫氏は、水処理薬品事業の営業および技術開発職を経て、営業部門の要職を歴任した後、2017年4月から水処理薬品事業を統括するとともに、水処理薬品と水処理装置のメンテナンスを融合したサービス事業の強化を推進してきました。2019年4月からは水処理装置事業も含め国内市場全体に対する総合ソリューションの展開を統括し、2022年4月からはリサーチ機能および開発機能を統括しています。2014年6月に取締役、2018年4月に常務取締役に就任しました。水処理全般の総合ソリューションに関わる幅広い知見と経験を活かし、当社取締役会の機能強化が期待できる人材と判断いたしました。
役職 常務取締役 グローバル営業本部長 兼 グローバル事業管掌
名前 鈴木 恭男
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 鈴木恭男氏は、水処理薬品事業の技術開発職を経て、国外グループ会社代表者等の要職を歴任し、欧州の水処理薬品事業の買収では統合会社を経営し買収事業を軌道に乗せました。2017年4月から海外事業の営業部門の責任者、2018年4月からはグローバル営業本部長として世界四極体制の構築に努め、北米および中東において複数の企業買収・出資を実行するとともに、当社グル―プのさらなる海外展開を推進しています。2018年6月に取締役、2020年4月に常務取締役に就任しました。グローバルな視点と経験を活かし、当社取締役会の機能強化が期待できる人材と判断いたしました。
役職 取締役 経営管理本部長
名前 城出 秀司
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 城出秀司氏は、グローバルに展開する企業集団において海外駐在を含む豊富な経験を持ち、財務、税務および会計に関する高い専門性を有しています。2016年の入社以降、海外の買収案件を主導、2018年4月には執行役員に就任し、経営企画本部副本部長として当社の経営の意思決定を支えてきました。2020年からはChief Financial Officer(CFO)としてグループの財務経理機能の基盤強化に取り組んでおり、2021年6月に取締役に就任し、経営管理本部長を担っています。当社事業への理解および高い専門性を活かした当社取締役会の機能強化が期待できる人材と判断いたしました。
役職 取締役 グループ生産本部長 兼 プラント事業管掌
名前 天野 克也
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 天野克也氏は、水処理装置事業の国内外営業部門における豊富な経験を有しており、2019年4月から電子産業の営業部門の責任者を務め、超純水供給事業等の展開において顧客の課題解決に真摯に取り組み、事業を推進してきました。2021年4月に執行役員に就任し、2022年4月からはグループ生産本部長として当社グループの生産機能を統括しています。 水処理装置事業に関わる深い理解と豊富な経験を活かし、当社取締役会の機能強化が期待できる人材と判断いたしました。
役職 社外取締役(非常勤)
名前 杉山 涼子
兼職 株式会社岐阜新聞社 社主・代表取締役
レシップホールディングス株式会社 社外取締役監査等委員
株式会社UACJ 社外取締役
公益財団法人岐阜杉山記念財団 理事長
選任理由 杉山涼子氏は、環境・廃棄物に関する専門家であり、複数の上場企業における社外取締役経験を含む経営経験を有しています。当社と異なる社外の視点から意見を述べることで当社の経営の合理性・透明性を高めるとともに、環境分野における高い専門性および豊富な企業経営経験に基づき、取締役の職務の執行を監督することが期待できる人材と判断いたしました。
役職 社外取締役(非常勤)
名前 田中 径子
兼職 株式会社日産フィナンシャルサービス 常務執行役員
選任理由 田中径子氏は、当社グループと異なる事業分野で活躍し、広報やマーケティングに深い造詣を有するとともに、ウルグアイにおいて特命全権大使を務めました。当社と異なる社外の視点から意見を述べることで当社の経営の合理性・透明性を高めるとともに、幅広い知識と国際経験を活かして取締役の職務の執行を監督することが期待できる人材と判断いたしました。
役職 社外取締役(非常勤)
名前 鎌居 健一郎
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 鎌居健一郎氏は、当社グループと異なる事業分野における海外を含む豊富な経験を有し、DXや開発について豊富な知見を有しています。当社と異なる社外の視点から意見を述べることで当社の経営の合理性・透明性を高めるとともに、複数の企業における経営経験およびDX・開発分野における専門性に基づき、取締役の職務の執行を監督することが期待できる人材と判断いたしました。
役職 社外取締役(非常勤)
名前 宮﨑 正啓
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 宮﨑正啓氏は、グローバルに展開する企業集団において代表執行役 執行役社長等の要職を国内外で歴任した経験を有しています。企業経営およびグローバルビジネスにおける豊富な経験を活かして、社外の視点から当社グループの経営の合理性・透明性を高めるとともに、取締役の職務の執行を監督することが期待できる人材と判断いたしました。
役職 社外監査役(常勤)
名前 小林 賢次郎
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 小林賢次郎氏は、当社グループの事業と異なる分野で活躍してきた人材であり、財務、経営企画、新事業開発、M&A等の高い専門性と豊富な国際経験を有しています。これらの専門性および経験を活かし、社外の視点から質の高い監査を実施できると考えています。
役職 監査役(常勤)
名前 武藤 幸彦
兼職 重要な兼職はありません。
選任理由 武藤幸彦氏は、管理部門の要職を歴任後、2018年6月から当社取締役に就任しました。財務、会計、マネジメントに関する豊富な知識・経験を有することから、これらの専門性、経験、見識を活かし、実効性の高い監査ができると判断いたしました。
役職 社外監査役(非常勤)
名前 多田 敏明
兼職 日比谷総合法律事務所 弁護士
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 監査役
選任理由 多田敏明氏は、国内外における弁護士としての専門的知見および豊富な企業法務の見識を有しています。これらの専門性および見識を活かし、社外の視点から質の高い監査ができると判断いたしました。